本文へジャンプ
地図リンク
グループホーム舟入
■ 事業の目的及び方針
 グループホーム舟入は、介護保険法に定める共同生活介護のサービスを提供します。
 このサービスは、高齢者が小規模で家庭的な雰囲気の中で共同生活を送り、一人一人の能力や意思や人生が尊重されたで必要な介護を受け、職員と一緒に家事をしたり、その人らしさを生かした生活を送ることによって、生き生きとした、安心できる時を過ごせることを目指すものです。

■ 認知症対応型共同生活介護とは
 認知症となったお年寄りが小規模で家庭的な雰囲気の中で共同生活をおこない、お年寄りのペースに合わせたゆとりのある生活をしています。
 食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフと共同で行っています。バスハイクや家族会を行い、地域の行事にも参加して地元の人たちと交流しています。なじみの仲間と一緒にゆたっりとした生活を楽しんでいます。 忘れかけていた生活を取り戻すことによって、残った能力と自尊心の回復をはかり、ご家族の皆様にも安心して頂ける空間を作っています。

■ サービス内容
(1)日常生活上の援助 : 日常生活動作に応じて、必要な介助を行います。
(2)健康チェック : 血圧測定等、利用者の全身状態の把握を毎日行っております。
(3)機能訓練 : 利用者が日常生活を営むのに必要な機能の減退を防止するための訓練及び利用者の心身の活性化を図るための各種支援を提供いたします。また、外出の機会の確保その他利用者の意向を踏まえた支援を行います。
(4)食事支援 : 食事の準備、後片付け、食事摂取の介助及びその他必要な食事の介助を行います。
(5)入浴支援 : 入浴または清拭の際の衣服の着脱、身体の清拭、洗髪、洗身、その他の必要な介助をおこないます。
(6)排泄支援 : 利用者の状況に応じて適切な排せつの介助を行うとともに、排泄の自立についても適切な援助を行っています。


 

Copyright © 2007 MATUKO Group . All Right Reserved

株式会社松広
・住  所   広島市中区舟入川口町17-10(2F/3F)
・管理者   松本 繁子
・事業内容 認知症対応型共同生活介護
・ユニット数・定員 2ユニット・18名(全室個室)
・交 通   市内電車 広島電鉄 江波線
       「舟入川口町」下車徒歩3分

事業の目的及び方針
認知症対応型共同生活介護とは
サービス内容
ご利用料について
年間行事